Pages

みるべきポイント


家庭教師をこれから雇っていこうと考えていく場合、とにかく最初に目的を考えなければなりません。 自分の子供へ家庭教師の契約を行おうと考える目的として、学校の成績を上げたり受験の合格を目指すことがあります。 いくら値段が安くなると家庭教師の契約を行っても、いくら人柄の良さが際立っていても、子供の成績が上がっていかなければ全く意味がありません。 どのような家庭教師ならば成績を上げてくれるか考えていくと、熱意や子供との相性をチェックしなければならないポイントです。


最初に熱意についてみていくと、基本的に家庭教師を行う大学生の学力は基本的に優秀ですが、指導力がありません。 そんな中で授業を進めていく中で指導力が付くこともあります。数か月かかりますが、そこは熱意のある人かどうかが分かれます。 担当している生徒の成績をどうしても上げたいと、意気込みがしっかりとあれば指導力が自然と上がります。これに比例して、成績も上がっていきます。


次に生徒との相性について、本当に家庭教師がマッチしているかを確認します。 指導はマンツーマンとなりますが、本当に相性が良くなければ、指導力があっても成績は上がりません。 モチベーションを維持できるか、本当にマッチするかを確認しましょう。