Pages

契約の違いを知る


家庭教師と契約を行う時は、個人契約か家庭教師が在籍するセンターから決めていくべきか考えていかなければなりません。 しかし大半の人は家庭教師が在籍するセンターから派遣してもらっています。 個人契約の場合は知り合いから紹介してもらったり、学生の家庭教師ならば大学へ直接依頼するパターンがあります。


費用は家庭教師が在籍するセンターよりも安くなりますが、人を選ぶことができません。 知り合いであればバイトをたまたま募集していた際に雇った大学生ならば紹介されることがあります。 そして大学生が家庭教師の仕事に対して熱意があれば、問題ありませんが運任せといえるでしょう。 大学へ直接依頼を行った場合は、紹介している人数は少なくなっていることが多いです。


個人契約ならば学力の高い、指導力の高い大学生と出会う確率は低いです。 結果として、学習を行う子供の成績が上がっていく可能性が低くなってしまいます。 さらに家庭教師が在籍するセンターならば、条件を満たさない家庭教師ならば、電話をかけると次の家庭教師へすぐに切り替えてくれることがあります。 しかし個人契約の場合は替えが効かないため、人によっては非常に苦労をしてしまうこともあるでしょう。